風呂あれこれ PartⅡ


温浴施設の設計を手がけて40年、風呂への思いを綴ります。
by plus-plan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

老朽温泉施設


とある温泉施設の建替え工事の設計をすすめている。

営業を一旦終了し工事に入っていくので最終(に近い)の入浴をさせてもらった。

20年という営業期間を経て当然 老朽しているのだが、温泉の成分の付着などはあるが不潔感の無い浴場で、昨今新設された施設よりもむしろ魅力あるものでしっくり馴染んでいる。 

数十年を経ると石材も丸みが出てところどころタイルの色も変わり、もちろん据えられた天然石には喫水線の染みも明瞭になっている。

浴室の床や壁も含んで温度がなじむように思う。浴槽はもちろん周囲の躯体コンクリートがあるいは土壌にまで温水の温度やサウナの温度が伝播している。

知名度のある各地の外湯や総湯と言われる施設に年月を経ていることが魅力的な施設もかなりある。みがき込まれ、地域に愛され利用されつくした施設ということでも評価されるものは多い。

一般にあたらしい施設というのはセメントっぽいニュアンスがなかなか抜けない。
本来温泉施設というものはそういう時間を経て魅力的になってくるように仕掛けておきたいものであるのだが 昨今、短期回収が目標になり施設の耐用年数と設備の寿命とがうまく一致しない。

どのように調整するかが鍵になっている。

温泉の成分温度など千差万別なので一概には言えないが、温泉配管は露出で引替えが簡単というのが相場であったのが近年、埋設になることが多い。こういうことが建築寿命と配管設備のそれとのギャップを埋められない原因になっている。

温泉施設は、結局は一人ひとりの利用者が裏切られず安心して入浴することにしあわせを感じ、くりかえし利用されることで年輪をかさねていくことなのだろう。
[PR]

by plus-plan | 2010-04-17 19:23 | ふろのこと
<< ふろの換水 大量集客のふろ >>