風呂あれこれ PartⅡ


温浴施設の設計を手がけて40年、風呂への思いを綴ります。
by plus-plan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

そもそもスーパー銭湯とは

いまやスーパー銭湯という名前はほとんどの温浴施設に冠せられ、それで通ってしまうようになった。
健康ランドとか日帰り温泉とかそういうカテゴリーの呼び名も消滅に近くなってきているし、市町村がハコものとしてつくってきたものも公共温泉とか帰属すべきネーミングが見当たらないから余計にスーパー銭湯に属してしまう。
泊まれるスーパー銭湯とか公共スーパー銭湯とか。スーパー銭湯の中でカテゴライズされるような認識にすでにかなりなっていると思われる。

ところがおもしろいことに在来銭湯は明らかに区別され、スーパーではない銭湯として区別される。
スーパーかスーパーでないかということ。
この区分はわかりやすい。
たぶんいまはスーパー銭湯には銭湯以外の入浴施設は全部ここにごちゃまぜに入ってしまっている。

温浴施設=スーパー銭湯に限りなく近い。

スーパー銭湯はよほど使いやすい言葉だったのだろう。

公衆浴場法でも一般公衆浴場とその他の公衆浴場に分類されている。
以前は特殊公衆浴場と言った。
その、その他の公衆浴場にほぼすべて重なる。
一般公衆浴場は銭湯。

これまでが曖昧すぎたのかもしれない。健康ランドに、公共日帰り温泉、駅前サウナ店、クアハウス、宿泊温泉施設の日帰り利用、外湯や共同浴場、水着利用型温泉施設なんかもスーパー銭湯で括られるようになっている。

むつかしく区分しないでよいではないかということらしい。

だけど一見都合の良いそういうことが思考の退化の表れのようにも思える。

我々はそういう区分によって館内滞在時間、利用料金や利用者層の想定に至るまで実施をしてきた。
重要なことだと思っている。

それらにより地域型なのか広域型なのかレジャー性の強いものか繰り返し利用なのか、妥当性を検討しなければならない。

しかし止めようもなく、これからもスーパー銭湯というネーミングは幅を拡大し続けることは避けられないだろう。

それでもわれわれはかたくなに区分し続けないと温浴文化が衰退につながると危惧している。
[PR]

by plus-plan | 2011-08-17 18:51 | ふろのこと
<< スーパー銭湯の閉店 スーパー銭湯の発祥 >>