風呂あれこれ PartⅡ


温浴施設の設計を手がけて40年、風呂への思いを綴ります。
by plus-plan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

入浴しました

スパスミノエに行ってみた。
すでに懐かしいくらいの時間が経過、ちょうど9年。土曜日16:30から19:00飲食もさせていただいた。

露天風呂の改修がなされている。竹林のほうがこの日は男性日。

サウナ水風呂交互浴を3回。サウナは常に10人程度滞在。ここは冷水風呂が大きく、深く快適。
ここでも汗だくで勢いよくはいり、潜る輩は多いのだが浴槽が大きいのでずいぶん助かる。
狭い水風呂で真横で潜り頭をざぶざぶとやられると不快なのだが。
サウナは床の動線部分の板が反って人が通るたびにシーソーをやっている。この場所をを避けられないくらい混むとつらい。

熱ロスの防止目的のサウナの風除室ドアは外されている。議論あるところだが、ドアが二枚あると出入りが煩雑で客から不満が出るものと考えられる。露天風呂にある加湿サウナは二枚ドアが生きている。

露天風呂へは水風呂室というべき風除室がありここからと、反対側にも風除室があり動線的には良好。露天風呂を各要素が囲い込みよいプランだと思う。

露天風呂に木造東屋を増やしている。古材風に錆びた感じを演出している。竹林にしたこととこれによってずいぶん厚みがついている。もとの鉄骨東屋はそのまま生かしている。ずいぶんこの点は当時鉄骨でしかできないことで落胆をしていたものだが、躊躇なくやられているように見える。
やったひとが責任を持つのだから言うことはない。

洗い場ディテールもちょうどよい。よくメンテナンスもされており快適。

さぬきやが当初から入っている飲食に。
ビッグテーブルが置かれる入り口近くに座る。やはり一人客のおばさんが正面にすわりあれこれ話をしながら食事。サラダ類と酒を注文。あたりまえにおいしい。あらためて思うことだが飲食を含むホールのデザインの強い印象が生きており魅惑的。

土曜夕刻ということもあるが、よく入っている。
同時滞在者250人というところか。推測だが年間40万人を超えるくらいの利用者はあるだろう。

住之江競艇場が開催されているようなのでふらりと入ってみた。轟音をあげて船が走る。船が走ってそれに懸けるひどく単純なことなのだが、こういうものは単純なほど奥が深いのだと思う。
[PR]

by plus-plan | 2011-11-29 10:17 | ふろのこと
<< 鳩子の湯 また閉店 >>