風呂あれこれ PartⅡ


温浴施設の設計を手がけて40年、風呂への思いを綴ります。
by plus-plan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

新規オープン温泉施設

アクアイグニスという温浴と飲食パティスリーがミックスした施設が23日オープンしている 
15億かけたと書いている

湯の山温泉手前、もともと湯の山温泉のはずれのように湧出量の多い片岡温泉というのがあったそうな

源泉はこれを利用しているのか

濃尾平野南西部のあのあたりは温泉が湧出する地域で高温泉が大量に出る
掛け流しの風呂はある意味当たり前で珍重されることはない ちょっと残念

浴場周りと露天風呂がよさそう 
しかし資料がない
あずまやもひょっとすると鄙びたよいものかもしれない

事業牽引者はパティシエ、共働者が料理人、レストランパティシエに温浴というちょっといままででは考えにくいパターンだが、飲食に大いに自信があり、これで集客売上の核を成すのであれば魅力ある施設になるような気はする

やはり足を引っ張る部門があるとうまくいかないと言える

だけど、魅力的な飲食に風呂は一定の評価が下るだろう

それでも苦情を言うなら600円の利用客が客単価をあげる客とは考えにくいのではないか、風呂上りをゆっくりと過ごす、滞在時間がゆったりしている、そういう時間消費をする利用者をあつめ、繰り返し利用されなければ15億円投資と固定費は回収不可能ではないか

要らぬ心配であればよい
[PR]

by plus-plan | 2012-10-25 15:40 | ふろのこと
<< 38期 原発建設に伴う温浴施設 >>