風呂あれこれ PartⅡ


温浴施設の設計を手がけて40年、風呂への思いを綴ります。
by plus-plan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

38期

弊社も設立1974年9月2日で現在38期になっている
現在の所在地に移りすでに11年になる

考えてみれば 設立初期は阪神間の銭湯のリニューアルや建て替えなどが主なしごとであった
当時建て替え新築した浴場が今も営業しているところもあるのだが、廃業施設もずいぶんある 30年も経つと一般建築物よりも条件が悪いから老朽化が著しい いまどき再投資をされる銭湯はほとんどないから廃業することになる 先日大阪市内で賃貸共同住宅を銭湯跡地に建てられる話があり、聞くと弊社で設計した物件でもう30年くらいは経ており他の用途に生まれ変わるのだからよい いささか寂しいが

そのように銭湯が減り、スパ銭などその他の公衆浴場が増え続けそれも数年前から頭打ちになっている
今度は初期のスーパー銭湯がもう20年くらいを経てきているから老朽化による対策が不可欠になり、廃業か建て替えか事業転換などを迎えることになる
しかしその他の公衆浴場営業は底地を定期借地としている場合が多く再契約をしなければ営業継続できなくなることも大きな要素である 銭湯は自己所有地の場合が多いのでそういう年限に縛られない

機会をつくってもう数十年も前の設計させてもらったふろめぐりをしたいと思うのだが ずいぶん減ってしまってるからはやくしないといけない
[PR]

by plus-plan | 2012-11-29 18:13 | ふろのこと
<< 年末年始 新規オープン温泉施設 >>