風呂あれこれ PartⅡ


温浴施設の設計を手がけて40年、風呂への思いを綴ります。
by plus-plan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

富山の温浴施設

ニュースを見て驚いた健宝の湯が閉めていみずの湯としてオープンしてさらに最近閉めた
冬場はどうしても経費比率が上がるからつらいところ

もともと、1300円とかの入館料金で計画されたのだからそれに沿ったものになっていた
最近取りざたされる高額入館料施設の先鞭だといえる

地域にはこういう施設はなかった だから余程考えた末での計画だったに違いない
しかし競合店の新設により利用客が減ったに違いなく入館料金を下げて対抗した

下げても元のようには回復は望めないと思われる

そうすると下げた分が減収になる

高額入館料金設定の有利なのは同額売り上げなら水光熱費などの原価率が下がることで、料金を下げて客数を伸ばしても経費比率が上がってしまう

だからいかに高額単価を維持して運営するかが焦点になる

健宝の湯のときに料金を下げず付加価値を上げて対抗すべきだと考えられる
当初の計画で1300円に見合う施設づくりをしているからそういう差別化の方向を変えてはならないはずである
[PR]

by plus-plan | 2017-02-04 12:07 | ふろのこと
<< 激安温泉 台北旅行 >>