風呂あれこれ PartⅡ


温浴施設の設計を手がけて40年、風呂への思いを綴ります。
by plus-plan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


言うは易し

ことしのGWはスパ銭日帰り温泉など利用客が多く好調のようだ
東北震災被災地は営業できないでいる施設も多いそうだが西日本の施設は自粛ムードのおかげで近場でお安く済まされたということだろうか

この時期、気候も良く露天風呂など快適な入浴が楽しめるのだが、せっかく普段利用しない人の利用によりあたらしいリピーターを生むチャンスなのに混雑がそれを削ぐ

脱衣室の床は濡れ、浴室に入るところの足ぬぐいマットやサウナ内のマットはびちゃびちゃ、化粧コーナーの床は髪の毛やほこりがたまり、便所下駄は濡れ散乱、洗い場が混んでるとお互いの飛沫を避けるのが大変だし、孫連れの幼児は放し飼い状態になり、快適とは言えない部分が多くなる

普段から不快な店は別格だが普段そこそこのサービスレベルを提供していても、混雑時は手が回らないと言う

だけどここが勝負のしどころと考えなければならないと思う

混むのは仕様がない、だけどサービスレベルはフル稼働させて維持しなければならない

盆、正月、GW、シルバーウイークでどう対応するかにかかる 
オープン直後の混雑時はとくに重要 

もう一回来てみよう、来たいと思う施設になりうるかどうかである

言うは易し行うは難しだが
[PR]

by plus-plan | 2011-05-06 18:55 | ふろのこと