風呂あれこれ PartⅡ


温浴施設の設計を手がけて40年、風呂への思いを綴ります。
by plus-plan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


排水浄化装置

最近、いくつかの取り扱い会社が排水を雨水レベルまで持って行って水路河川に放流ができると謳う装置をスパ銭などに売り込んでいる。

もちろん一定の条件を満たさないといけないが、温浴業界の悩みどころを突いている

どこも排水のための費用が占める割合が大きくなり、さらに上昇傾向にある

使用水などはまだしも、下水排水と燃料費、電力費が御三家と言える

この排水浄化装置はすでに二件の実績があり検討中物件が複数あるという

下水道というものは行政にとっては整備すれば地域にできる限り使ってもらいたい、使われなければ成立しないインフラである。

協議した行政などは対応がどうなのか判断が分かれるところが多いとおもう

事例が多くなれば否定できづらくなるだろうから飛躍的に増える可能性も秘めているし、否定する明快な根拠を示せば全く逆のこともありうる、しかし実例の二例は存在する。


[PR]

by plus-plan | 2014-05-29 10:02 | ふろのこと