風呂あれこれ PartⅡ


温浴施設の設計を手がけて40年、風呂への思いを綴ります。
by plus-plan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

暑中と残暑の間で

しかし暑い日が続く。
記録的猛暑という。

今日が立秋でここまでが気温上昇し、転じて気温が下がっていくという節目。
暑中見舞いも残暑見舞いとなる。

このとしは残暑も厳しく長いという予測と聞く。
冬もそう冷え込まないというイメージもあり、全体にはやっぱり温暖化なのかなあ。

この時期、山登りをしていたときの標高の高いところのあの空気をいとおしく思う。
富山立山の室堂バスターミナルに降りるときの、ああ来たーという感じ。乗り物であの標高まで行ってしまうから、ほかのところのように標高を序々に稼いで行くよりも唐突で、やっぱり高所はすごいなと感じる。
登山後は下山するのだから全く逆の猛暑の世界に戻らなければならないわけで、入山の間だけの僅かなしあわせなのだ。

ともあれ今年も高所にいけそうもないのであきらめ、せいぜい温浴施設体験見学にいって冷水風呂で放熱でもしよう。

ひっそり当ブログを読んでくださる方に どうか御自愛くださり厳しいシーズンを乗り切られますよう祈念いたしまして、節目のご挨拶をさせていただきます。
[PR]

by plus-plan | 2010-08-07 16:55 | ふろ以外のこと
<< 公衆浴場営業について 熱気浴のことで >>