風呂あれこれ PartⅡ


温浴施設の設計を手がけて40年、風呂への思いを綴ります。
by plus-plan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

傾斜マンション

横浜の傾斜マンションのこと


支持杭は支持地盤にすくなくとも到達しなければいけない根入れも必要、この当たり前のことが案外できない、ボーリングデータの読みとデータどり、にかかっていると思われるが予想外に支持層が流れていたということだろうが、そのときの現場できっと分かっているはずだが杭製作をし直すことを避けたということか


杭施工担当者以外にどこまでわかっていたのか、そういう判断を誰かがしたから結果がある


確認検査機関や建築指導課は検査をしたがわからないで済まされる、設計監理者や施工者が怪しい、杭施工者は施工元請に納入している。監理者は確認することになっている


今後このあたりのことが出てくるだろうと思われる


恐らく契約工期を販売者には遵守することが課されたのだと思われる、規模感からすると工期延長は大損害を被る

また、杭施工に関する法的拘束を実施すると思われる。元請施工者や監理者の作業量に影響も出るだろう 施工された他物件でもなんらか不具合がでるかもしれない、どう展開するか見守りたい


しかし、この事件が建築基準法違反だと言うのに違和感を感じる、


[PR]

# by plus-plan | 2015-10-23 13:37 | ふろ以外のこと

日が短く

日が短くなってきた 彼岸を過ぎたのだから当然なのだが猛暑の夏から急に秋になったようでからだがついてきていない

朝のジョギングもくらいうちを出かけるようになった 目が慣れずあぶないあぶない

暗いとちょっとマニアックになり不健全感が漂うがそんなことは言ってられない
職場近辺でも夕刻ジョギングをしている人も見るがやはり朝のほうが人も少なく良いような気はする

こういう類のものは結局日課にして続けることが命なのだと思う

少々サボっても基本は続ける 
あまり過大なことを課さずそこそこ適当にやることなのだと思っているのだがどうだろう
[PR]

# by plus-plan | 2015-09-29 16:22 | ふろ以外のこと

浴槽のオーバーフロー方式

浴槽のオーバーフロー方式のはじまりはもう30年以上になるだろうか、流れ風呂と呼ぶ2~3段の上部浴槽から下部浴槽に流れ落ちるようにして濾過し循環させるものを開発した。

それまではオーバー水は排水へ行くだけだから水面を下げてあまり排水しないようにするから、汚れの多い表面水が流れずこの流れ風呂は画期的であった。

利用者からも表面水が常時流れていることや立体的に見える風呂の構成が支持される要因ではあった。

難点もあり立体的構成にするため、浴室に段差を設けることが多くなり、あまり採用されなくなったが当時はずいぶん多くの施設で採用され、いまも利用されているところも多くある

段差を設けない施設の場合は浴槽にあまり落差をつくれないので各浴槽ごとにオーバーフローさせる方式に移行して現在に至る。
弊社でなくとも最近ではオーバーフロー方式を採用している施設が多い むしろ最近開業する施設ではオーバーフロー方式でない場合のほうが少ないかもしれない。
[PR]

# by plus-plan | 2015-08-24 16:17 | ふろのこと

暑中お見舞い

梅雨明けから暑い。
梅雨までが涼しい日が多かったからまだ暑さも緒についたばかり、延々と9月半ばまではこういう日々が続く、またこの年も夏越しができるのだろうか

今朝のジョギングでは頭に巻いた手ぬぐいを絞るとじゅばっと流れ落ちるぐらいの発汗をする。
走り出す前から寝汗をかき、もうギリギリの状態からの運動だから発汗も尋常ではないと思う

まあこういう時期こそ運動量が必要なのではないかと思っている

じっとしておけばそれほど発汗せずに済むのかもしれないが、汗だくの時間も要るのかなあと思う


ああ暑い
暑中お見舞い申し上げます
[PR]

# by plus-plan | 2015-07-27 19:13 | ふろ以外のこと

半年が過ぎた

新年からもう半年が過ぎ後半に入って暑さがピークを迎えようとしている

ここから9月後半まで厳しい時期を過ごさなければならない

いくら冷房があると言っても、外へ出れば外気温そのまま、電車や車での移動では冷房と繰り返すことになる
だいたい、日中冷房の室内に終日過ごしたりすれば節々がおかしくなり、連日そんなことしていると病気になりそう

変わるが、ずっと以前我が家に飼い犬がいたときに毎朝の散歩の役目を私が課せられることになり日課になった その後、犬は死に、そのままひとりの散歩が日課になり、徒歩では物足りずジョガーになったという経緯なのだが

もう7年くらいになるだろうか

しかしまあいっこうに速く走れない あるいは同じ距離を走っても楽にならない

だんだんと早く走れるとか何か成長があると継続に希望ができるのだろうがほとんど同様のコースでも同様のタイムでしかない

練習をして、フルマラソンを走るなどと夢が描けない
地方マラソンのレザルトなど見ると高齢者も多いし案外高齢になってから始めた人もいる

マラソンありきではないのだが少し気になる
[PR]

# by plus-plan | 2015-07-01 14:23 | ふろ以外のこと